出会い チャンス

出会いのチャンスを無駄にしないために

新しい出会いがあっても、それに満足して何も行動しなければ幸せを手にすることは出来ません。まずは男性に認識してもらい、あなたの魅力に気付いてもらう必要があります。

 

気になる男性が職場の場合、すれ違う時は笑顔で挨拶をする。視線が合ったら微笑んでみる。恥ずかしさが勝ってしまう場合はお辞儀だけでも大丈夫です。

 

急に話しかけても認識されていなければ警戒心を煽ります。少しずつあなたの存在を知ってもらうだけで相手も話しやすくなります。

 

出会いのチャンス

 

サークルやジムの場合はなるべくイベントには参加し、相手がベテランの方であれば体作りなど相談をするのもありかもしれません。不特定多数が集まる場合、一番効果があるのは名前です。一度挨拶を交わした後であれば特に効果的です。

 

男性でも女性でも自分の名前を覚えてもらっていると嬉しくなります。短時間の中でも認識してもらえたという事で、相手の方もあなたを意識しやすくなります。このように男性と話すきっかけや共通点を作ることで距離は少しずつ近付いてきます。

 

ここで気を付けなければいけないのが距離を近付ける早さです。あまり急速に距離を縮めようと猛アタックしすぎてしまうと警戒心を煽り、相手の認識度が低い場合迷惑に思われ、ストーカー扱いされてしまいます。焦らず、少しずつ距離を縮めていきましょう。

 

男性はなかなか自分から行動することが出来ません。女性の方から男性が行動しやすいようなきっかけを作ってあげることが、出会いを幸せに変えるチャンスを生むのです。

 

出会いのチャンスをもっとたくさん得るためには、出会い系サイトを利用するというのが一つの手になります。出会い系を利用するためには事前に色々情報を知っておいた方がいいのですが、このサイトが役に立ちそうです。

 

利用するなら事前に確認しておくといいですよ。

出会いを活かすためにも次の約束が大切

運命的な再会を待っていてはどんなに良い出会いでも成就することはありません。初めの出会いはきっかけに過ぎず、次の約束を取れるかが大切なのです。

 

次の約束は大抵会話の中から生まれます。例えば気になる男性が趣味の道具を買物に行くという話が出た際、一緒に連れて行ってほしいと頼んでみる。気になる男性が趣味のサークルに参加される場合、そこに行ってもいいか聞いてみる。そうして次の約束を取る事で新たな発展へ続くつながりが出来るのです。

 

もし次につながる話がなかった場合でも、連絡先はなるべく交換しましょう。連絡先をもらったその日のうちにありがとうなどお礼のメールを送ることで、相手は好感を持ってくれます。

 

 

ただ、連絡先を交換したからと言って執拗にメールや電話をすると警戒されてしまいますので気を付けてください。また大人数の集まりの中で連絡を交換した場合、急に二人きりとなると緊張してぎこちない雰囲気になり、上手くいかない可能性もあります。

 

親密度によっては急に二人きりでの約束ではなく、再び大人数や少人数など複数人との集まりで少しずつ距離を縮めて行くことが大切です。

 

会社など必然的に会う事がある場合、出会った際に面と向かって先日はお疲れさまやありがとうなど声をかけることをお勧めします。メールや電話のお礼より、顔を見てのお礼の方が嬉しいものです。

 

顔を合わせることが出来る相手の場合は直接のお礼の方が、好感度が上がる可能性が高いです。一度きりの偶然な出会いで終わらせないよう次の必然を作ることが重要です。

世話焼き係になり過ぎない

空いたお皿を下げる、空のグラスを見て新しい注文を聞いてくれる。酔っぱらった人を介抱してくれる。飲み会の席でこのように動いてくれる女性がいると感心しますし、気の利く女性は男性からしてもとても魅力的です。

 

自分と付き合ったら料理や掃除をしてくれるだろう。取り分けるのが上手いと料理も出来るだろう。そんな妄想を男性は膨らませます。気の利く女性は家庭的に見える為、好感度は一気に上がるのです。

 

しかし、気を利かせてあれこれするにも度というものがあります。ずっとやっていると自分が男性とお話しする時間はありませんし、男性もずっと見ているわけではありません。ある程度でやめないと片付け担当になってしまいます。

 

また、テーブルをどんどん片付けられてしまうと急かされているように感じてしまいゆっくり楽しくお酒を飲むことが出来ませんし、折角話をしているのに話の腰を折られてしまったと受けてしまいます。

 

話を聞くことも大切なことです。仕事場でもちょっとした気遣いが男性には嬉しく思えます。しかしこれも注意が必要です。小さな気遣い大きなお世話というように、自分が良いと思っていても男性にはお節介だと感じてしまう事があります。すると気遣いが小言や説教のように感じてしまい、感謝の気持ちが迷惑な気持ちに変わってしまうのです。

 

また、毎日のようにしてもらっているとどんどん当たり前になってしまい、感謝に気持ちがなくなってしまいます。プライベートで世話を焼き過ぎると働かない男性になってしまう可能性もありますので、やり過ぎには注意しましょう。

更新履歴